LAPIS 年長〜小学生について

 

小学校の現状と「基礎力」について

 現在公立小学校で学習する内容は簡単ではないかもしれませんが、90点以上をとっていても基礎力が充分であると言える状況にはありません。本来の基礎力には「読み書きそろばん」は単に「できる」だけではなく、「スピード」が求められます。先生が解くのと同じスピードで解けることを「できる」と言います。一方、考えることにおいては「じっくりゆっくり何通りのことも考えられる」ことが基礎力です。

 

基礎力がすべてを語る。 基礎力を養う。

 基礎力を養うキーポイントは「最後まで落ち着いて聴けること」「上手に文字を読めること、ていねいに書けること」です。そして「自分の言葉で説明できること」「自分で行動できること」です。この姿勢を身につけることと、それに伴う訓練が学習能力の飛躍的向上につながります。逆の立場、つまり親側、指導者として留意することは「最後までじっくり聴いてあげること」「上手な読み方・リズムのお手本を示してあげること」「口まねさせること」それから「考えている過程の邪魔をしない=じっくり待つこと」「やらせてみること」です。「待つこと」特に「できるまで待つこと」は難しいかもしれませんが、ご家庭で指導なさる場合もこれらの点にご留意ください。

 

小学校4〜5年生の算数は急ぎ足

 小学校の教科書が変わり、特に小4と小5の算数の学習内容が大幅に増えました。その中でも小4は、その後の算数、数学の基礎となる分数・小数、平均、割合、円など学習内容が非常に多く、多くの小学校では学習内容が身に付かないままに先に進んでいるようです。

 LAPISでは定着を図りながら授業を進めますが、学校の進度に間に合わせるためには急ぎ足で授業を進める必要もあります。できるだけ定着を図るために小5からは2ヶ月に1回「算数特訓講座」を開講します。小5のときに小4の内容をじっくり復習します。小学5年生の時期だけで応用問題まで解けるようにするには時間が足りないために、小学6年生にも「算数特訓講座」を開講します。

 

春期・夏期・冬期の授業時間

 春休み、夏休み、冬休みには通常とはちがう時間(朝や昼間など)で季節講習を行います。それぞれ事前に授業予定をご連絡いたします(費用別途)。その間の通常授業は行いません。夏休みには通常授業を行いませんので、8月の通常授業料はいただきません。

 

宿題

どの教科も宿題が出ます。宿題のやり方も指示します。やり方を守ってやっているかをご家庭でもチェックくださると、とてもありがたいです。解けないところは空欄でかまいません。解けないところは次の授業などでフォローいたします。宿題をやってこない場合、叱りはしません。にこにこしながら「(塾で)残ってやっていってね」と言います。遅くなるときは連絡させます。あまりに時間がかかる場合には別の日に来てもらうこともあります。

 

宿題は⇒「授業内容やと課題のブログ」で確認できます。欠席時にもご活用ください。

 

宿題についてのご家庭での対応

 小学生の場合、学校の宿題が簡単なために、宿題はすべて解かないと、あるいは正解していないと宿題をやってきたことにならないと勘違いしている生徒が多いようです。できないところをできるようにするのが塾の役目です。わからないところは飛ばして「質問マーク」をつけなさいと、アドバイスしてやってください。ご自宅で教えることができる場合にはどんどん教えてかまいませんし、先に進ませてもかまいません。

 塾では、勉強をなるべく楽しめるように、また、やる気を持たせるように指導・アドバイスして参りますが、子どもたちも人間です。いつでも絶好調というわけにはまいりません。子どもさんの表情を注意深く看(み)ていただき、親御様は支え役になってあげてください。キーポイントは「押しつけることもあってOKですが、ときにはひいてあげること」「ときには黙って聞くこと」「共感すること」「じゃあ、どうしたらいいだろうね?」と子ども自身に時間をかけてでも考えさせることです。  「親」という字は「木」の上に「立」って「見」ると書きます。素敵な言葉ですね。

 子どもさんが質問してくることもあると思います。そんなときは、まずは問題を本人に音読させ、その中で「わからないことばはある?」と尋ねてやってください。わからないことばがわかると解けることがよくあります。

 

塾への持ち物

 塾で使用する塾用教材、これに、ノート、筆記用具です。

 ノートは学校で使用しているものと同じ形式の「算数ノート」「漢字練習帳」「連絡帳」を持参ください。小6生は「計算トレーニング用の算数ノート」「教材用の算数ノート」「歴史人物ノート」があると勉強しやすいです。できましたら携帯電話、特にスマートフォンは持たせないでください。残念ながら、子どもたちは携帯電話をロクなことに使っていません。無用かと思います。塾の電話は無料で使えます。

 

遅刻・欠席

 遅刻・欠席の場合は、なるべくご家庭よりご連絡ください。ご連絡がない場合、こちらから確認のお電話を入れることがあります。授業中や授業前後で、いなかった時の授業内容をフォローします。

 

行事予定など

毎月の中旬に、お子さまを通じて、行事予定、季節講習案内、受験に関する情報、保護者面談などのご案内をさしあげます(LAPIS通信)。

 

授業料他

「授業料の年間予定」に示しました金額を、郵便局から毎月末に口座振替いたします。