LAPIS 中学生について

 

中1〜2の教育課程(カリキュラム)

中学3年の1学期までは中間期末試験対策に重点を置き、学校での学習内容および奥の深い教科書内容の習得、そして学年順位アップを狙う授業を行い、3年生の夏休み以降は、実力テストの偏差値、そして、入学試験に上位で合格する力を養う指導をいたします。公立高校と私立高校の両方の入試に対応する指導を行っています。

 

中1、中2生は月~金のうち週2日、午後7時10分から午後9時50分まで授業を行います。また、季節講習中は、授業時に漢字能力検定試験の小テストを行います。中間・期末テスト前の2〜3週間前から、通常週2回の授業が週3〜4回となります。英語と数学の授業時間を増やし、国語・理科・社会も学校別のテスト範囲に合わせて授業を行います。このテスト範囲以外にも、自習館でのテスト対策補習に必要に応じて通っていただき、一人ひとり個別に対応いたします。自習室に通う場合も含め、テスト対策期間は週5〜6回の通塾となると同時に、授業も1コマ70分から80分に延長、授業終了時間が午後10時10分となります。テスト対策の補習や漢検対策はすべて無料で行います。

 

現在公立小学校で学習する内容は少し難しいものになっていますが、90点以上をとっていても基礎力が充分と言える状況にはありません。本来の基礎力とは「読み書きそろばん」においては単に「できる」だけではなく、「スピード」が求められます。先生が解くのと同じスピードで解けることを「できる」と言います。一方、考えることにおいては「じっくりゆっくり何通りのことも考えられる」ことが基礎力です。

 

中3の教育課程(カリキュラム)

部活動で忙しい中学3年生の1学期までは内申点アップのために学校の中間・期末テストで学年順位をもっとあげるための授業を行います。夏休みの約40日間は、希望校に合格するための本格的受験勉強が始まり、中学1~2年生の復習を徹底的に行います。

 

夏期講習は朝9時~夕方5時過ぎまで、本当にできるようになったか確認するために「振り返り演習」や「できるまでがんばる講座」を行い、ときには夜8時を過ぎます。そして家では宿題が2~4時間。一日12時間以上勉強しようという中3生の夏です。夏期講習中もしくは夏期講習後に歴史の流れを押さえる「歴史特訓」を実施します。

 

夏期合宿は4泊5日。弱点を克服するために5日間苦手な一科目だけに絞って学習します。1日1つだけは大喜びできるイベントがあり、目標に向かってともに支え合う仲間づくりをし、また、多くの生徒が勉強での徹夜をして感動の朝を迎えます。この合宿と夏期講習を通じて成績を大きく、または徐々に伸ばし、勉強への姿勢を一段とすばらしいものにします。

 

公立高校、私立高校の入試の両方に対応できる授業内容です。中3生は火木土または月火木の週3日、午後7時10分から9時50分まで授業を行います。中間・期末テスト前は通常授業日以外にもテスト対策指導を行い、必要に応じて自習室も含め週5日~6日の通塾になると同時に、授業時間も各科70分から80分に延長、授業終了は午後10時10分となります。

 

2学期の9月下旬からは、各教科とも授業時間を延長し、午後6時40分から10時10分まで、土曜日は昼1時から夜9時30分まで授業を行います。この授業延長に伴い、授業料が10月より5,000円ずつ上がります。あしからずご了承ください。毎年、2学期の中3生は学校帰りに夕方から「自習室」に毎日来て勉強しています。(自習室無料)

 

12月には「クリスマスお勉強パーティ(9,000円)」、冬休みは朝9時から夕方5時過ぎの冬期講習と作文対策。1月1日は元旦勉強会。その他面接練習会。また、希望校に上位で合格するために平常授業以外の平日や休日にも補習を行います。これらの補習はすべて無料です。

 

3学期は入試直前の「入試壮行会」。3月には「卒業式&卒業お楽しみ会」英語と数学の「高校準備講座」、みんなで遊ぶ「スノボー&スキースクール」を開講します。

 

忙しい中学生の時間の上手な使い方

極端な言い方になりますが、部活動をしている中学生には、テスト2週間前以外は家では最低1時間は勉強して、その後は、ゆっくり体を休め、好きなことを思う存分やらせてあげてください。中学生は部活動など忙しすぎる生活を送り、相当疲れています。中学校で成績上位にいる生徒は、自宅でたくさん勉強している訳ではありません。それでは、いつ勉強しているのでしょうか?それは、当たり前のようですが学校に行っている授業中です。普通の生徒は授業中にどこかで意識が途絶え、先生の話を聞き逃しています。授業中に覚えていないことをテスト前にいくら復習しようとしても勉強が進むわけはありません。しかし、成績上位の生徒は授業中に覚え、問題練習もすませてしまいます。ですからテスト前に思い出しやすく、反復練習もたくさんできます。

 

この授業中に覚ようという態度が「できる・できない」の大きな差となります。「家では勉強は1時間くらいでOK!」どこかで喜んでいる人はいませんか?ただし、テストの2週間前はそうはいきません。睡眠時間5~6時間で勉強漬けになってください。

 

1学期に家でも必死に勉強するのは、5月・6月の2週間ずつの28日だけです。あとの10週、70日は部活動や好きなことに夢中になってください。授業中に覚える、授業中にやってしまうだけで点が取れるのですから、こんなにいいことはありません。学校の授業を大切にして、勉強する時間、ゆっくりする時間、遊ぶ時間のメリハリをぜひつけましょう。

 

授業中の覚え方

具体的には、英語で知らない単語が出てきたらその場で何回も唱えてみる。そして2~3回書いてみる。社会や理科で知らない言葉が出てきたときも何回も唱え書いてみる。数学で計算のやり方を教わったなら練習問題をなるべく早く終わらせ、宿題に出そうなところ、提出しなければならないドリルなどをやってしまう。国語では、上手に読める人の読み方を授業中にまねし、知らない漢字を3回ずつ練習してみるのです。

 

これが「集中」です。つまり、集中するとは授業内容をその場で覚えてしまうことなのです。「授業に集中しなさい」と言う人はいても、「集中する」とは何をすることなのか、今まで教えてくれた人がいたでしょうか?LAPISでは、具体的に何をすればうまくいくのかという、さまざまな「ものの本質」を教えたいと考えています。

 

中学生(将来のために)にとって一番大切なこと

中学生にとって(だけではないですが)、一番大事なことは「好きなこと」をとことんやってみることです。漫画でもゲームでも結構。今、日本社会を支えているのはアニメであったり、ゲームソフトなどサブカルチャー(クールジャパン)であったりするわけですから将来決して無駄になることはありません。むしろ、脇目もふれず夢中になって好きなことができる人は将来たいへんな大物になるかもしれません。ぜひとも好きなことをとことんやってみてください。

 

ただし、礼儀作法・聴く耳・教養・基礎力がないと好きなことも活かされません。また授業中に覚えることとテストの2週間前からは必死に勉強する約束、そして塾の宿題をやることは守ってください。

 

春期・夏期・冬期の授業時間

春休みと夏休みと冬休みには通常と異なる時間で授業を行います。春期につきましては2月、夏期につきましては6月、冬期は11月に授業予定を連絡いたします。

 

授業内容と宿題

どの教科も宿題を出します。宿題のやり方も指示しますので、やり方を守ってやっているかをご家庭でもチェックしてあげてください。宿題をやってこない場合、ほとんどの場合は叱りはしません。にこにこしながら「(塾で)残ってやっていってね」と言い、最後までやってもらいます。遅くなるときは連絡させます。あまりに時間がかかる場合には別の日に来てもらうこともあります。中3は受検を控えているので宿題量は多めです。がんばってやりましょう。

子どもさんが親御さんに質問してくることもあると思います。そんなときは、まずは必ず問題を音読させ、その中で「わからないことばはある?」と尋ねてやってください。わからないことばがわかると解けることがよくあります。

 

授業内容を宿題は⇒「授業内容やと課題のブログ」で確認できます。授業をお休みしたときなどにご活用ください。

 

塾に持参する学用品

塾で使用する塾用教材、これに、ノート、120マスの漢字練習帳、筆記用具、連絡帳です。

ノートはバインダー形式のルーズリーフノートが便利です。普通の大学ノートでも構いません。できましたら、携帯電話・スマートフォンは持たせないでください。残念ながら、子どもたちは携帯電話をロクなことに使っていません。塾の電話は無料でお使いいただけます。

 

遅刻・欠席

遅刻・欠席の場合は、なるべくご家庭よりご連絡ください。

ご連絡がない場合、こちらから確認のお電話を入れることがあります。授業中や授業前後で、いなかったときの授業内容をフォローします。

 

行事予定など

毎月の中旬に、お子さまを通じ、行事予定、受験に関する情報、保護者面談などのご案内をさしあげます(LAPIS通信)。

 

授業料他

「授業料の年間予定」に示しました金額を、郵便局から毎月末に口座振替いたします。