LAPIS 2024最新広告はこちら!↓

■小学生版(表面)

■中学生版(表面)

↓Lapisの田中が司会進行している歴史講座です!↓

【重要】オンライン授業についてはこちら

彦左衛門の最近の執筆物はこちら

LAPIS News!! LAPISの新鮮な情報をお届け!

◎ 2024.05.21 new 2024.05.21

<本日の連絡事項です>

◆中1保護者会

24日(金)1時30分~4時30分。まだ、お申込みされていない方もお待ちしております。

 

◆英検

検定日25日(土)。

 

◆中1テスト勉強指導

27日(月)6時50分~9時30分。

 

◆1学期学年末テスト対策

<中1>

24日(金)6時50分~9時30分。国語。

26日(日)2時~9時。ワーク特訓。

27日(月)6時50分~9時30分。テスト勉強指導・数学。

 

<中2>

23日(木)6時50分~9時30分。ワーク特訓。

26日(日)2時~9時。ワーク特訓。

27日(月)6時50分~9時30分。理科。

 

<中3>

24日(金)6時50分~9時30分。ワーク特訓。

26日(日)2時~9時。ワーク特訓。

◎ 2024.05.17 new 2014.05.17

本日の連絡事項です

◆5月度LAPIS通信

15日(水)から授業の時にお渡ししています。

 

◆小5算数特訓(再掲)

20日(月)4時30分~6時。この日が都合が悪い場合は、別日の小学生の算数の授業をやっている教室に来てください。

 

◆中3「英語教科書マスター」(再掲)

18日(土)2時~9時30分。中3全員。

◎ 2024.05.17 new LAPIS通信 on WEB!! (5月配布分)更新!

上の「LAPIS通信 on WEB」のバナーから、または「こちら」からご覧ください。
スマホなどからのスケジュールの確認時はもちろん、PDFデータなのでプリントアウトも簡単です。どんどんご活用くださいませ! 🙂 

◎ 2024.05.14 2024.05.14

<本日の連絡事項です>(再掲)

◆小5算数特訓

20日(月)4時30分~6時。この日が都合が悪い場合は、別日の小学生の算数の授業をやっている教室に来てください。

 

◆中3「英語教科書マスター」

18日(土)2時~9時30分。中3全員。

◎ 2024.05.10 2024.05.10

<本日の連絡事項です>

◆小5算数特訓

20日(月)4時30分~6時。この日が都合が悪い場合は、別日の小学生の算数の授業をやっている教室に来てください。

 

◆中1・中2「英語教科書マスター」

13日(月)6時50分~9時30分。今週の英語の時間に声がかけられる生徒対象です。

 

◆中3「英語教科書マスター」

18日(土)2時~9時30分。中3全員。

◎ 2024.05.07 2024.05.07

<本日の連絡事項です>

◆中1・中2「英語教科書マスター」

13日(月)6時50分~9時30分。今週の英語の時間に声がかけられる生徒対象です。

 

◆中3の火曜日

6時20分~6時50分は、学校の下校時刻が遅くなってきたため歴史ではなく英作テストになりました。

急がないで慌てずご飯を食べて6時50分に間に合うように来てください。

英作テストは、授業後や別日にもできます。

◎ 2024.04.26 2024.04.26

<本日の連絡事項です>

◆中3生徒対象受験説明会

27日(土)6時20分~9時30分。

 

◆ゴールデンウィーク中のお休み

4月28日(日)~5月6日(月)までの間、平常授業はお休みです。

 

◆学校で配られた年間行事

中3の三中と四中のみなさまへ、学校で配られましたら年間行事をお借りしたいです。

◎ 2024.04.23 2024.04.23

<本日の連絡事項です>

◆英検(再掲)

英検申込締切は4月25日(木)です。4級5級は今年度もチャレンジキャンペーン実施しています。

検定日は、5月25日(土)です。

 

◆中3生徒対象受験説明会

27日(土)6時20分~9時30分。

◎ 2024.04.19 2024.04.19

<本日の連絡事項です>

 

◆小6算数特訓

4月22日(月)4時30分~6時。いつもと時間が違うのでご注意ください。3月から今までにやったことができるようになっているかを確かめる算数特訓です。小5の復習と小6の内容です。やり方を忘れていたら教え直してできるようにします。この日に終わらなければ別の日にも来てもらいます。

 

◆20日(土)のラピス

明日、20日(土)ラピスの教室が開いている時間は、10時~3時までです。お勉強に来る方、ご注意ください。

 

◆年間行事予定(再掲)

小学生と中3の方へお願いです。学校で配られた「年間行事予定」をお貸しください。ラピスでは学校に合わせたスケジュールを立てています。

 

◆英検

英検申込締切は4月25日(木)です。4級5級は今年度もチャレンジキャンペーン実施しています。

検定日は、5月25日(土)です。

◎ 2024.04.16 2024.04.16

<本日の連絡事項です>

◆小6算数特訓

 

4月22日(月)に算数の授業、25日(木)に算数特訓を予定していましたが、私田中の出張が無くなったため、普段通りに22日(月)に算数特訓、25日(木)算数の通常授業を行います。変更が重なりまして申し訳ございません。

田中彦左衛門から!ちょろっとメッセージ

◎ 2024.05.21 new 2024.05.21

◆大学進学相談会

 

来月6月9日(日)実施の大学進学相談会の来場予約状況ですが、すでに、定員になり締め切っている入場時間、大学全体説明会も出てきました。↓JAC大学進学相談会2024入場予約サイト。

https://jac-daigaku.com/r06/contact.html

 

 

◆テスト対策の時事問題

 

今年も中学生のテスト対策「時事問題」はLAPISの絶大な協力者である手塚奈緒美先生が作ってくださいます。

 

手塚先生の「あなたのこころが元気になる五育総合研究所」のご紹介です。

 

https://goiku-goiku.jimdofree.com/%E7%A7%81%E3%81%9F%E3%81%A1/

 

 

◆中学生テスト対策 特別時間割 が始まります。

 

中1と中3は24日(金)から中2は23日(木)からです。子どもたちにスケジュール表を2枚ずつ(ご家庭用、本人用)渡します。ご確認ください。

◎ 2024.05.17 new 2024.05.17

◆中3 生徒との面談

 

中3の生徒面談が始まりました。1人40分~60分、ゆっくり話を聞いています。

 

この子は何に興味があり、今の気がかりは何なのか? 挑戦したいと思っているはずなのに自分で心の中で制限してしまっているものがあるのか?子どもたちの話の中から探していきます。

 

 

しっかり聴いて質問していくと、みんなしっかり語ってくれます。いろんなことがわかって指導に役立ちます。ありがたいです。男の子よりも女の子の方が成長が早いので大人っぽい話になりますけど。。。(^_^)

 

 

 

◆学童教室「らぴきっず」

 

学童「らぴきっず」を立ち上げます。LAPIS通信に詳細を入れました。

小1~小4を対象とした学童教室です。週2日~5日お預かりいたします。お子さまの放課後を有意義なものにするために、LAPISの授業を受けられるようになっています。

初めてのことですので運営しながら現実に合わせて修整してまいります。そしてさっそく費用を修整しました。ご案内よりも少し安くできそうです。

 

 

◆久しぶりの遠足

6月29日(土)新船橋駅のイオンすぐそばにある縄文遺跡「飛ノ台史跡公園博物館」に行きます。

https://www.city.funabashi.lg.jp/shisetsu/bunka/0001/0006/index.html

 

15年前は毎週土曜日に遠足をやっていて潮干狩りに3週連続で行ったこともあります。近年はおいちゃんの体力が持たないために遠足をしていませんでしたが久しぶりの遠足です。全学年対象です。中学生もどうぞ。

 

 

6月15日県民の日に毎年やっている「小5、小6算数特訓お楽しみ付きバージョン(算特おたバー)」の代わりに今年は遠足にしました。「算特おたバー」は夏休みにやりますね。詳細はLAPIS通信をご覧ください。

◎ 2024.05.14 2024.05.14

◆大河ドラマ「光る君へ」 ためになる解説動画

 

博多の歴女 白駒妃登美さんの『歴史を学ぶと希望が生まれる』で大河ドラマ「光る君へ」を解説していらっしゃいます。平安の世を深く理解することができます。どうぞご覧ください。

 

https://www.youtube.com/@shirakomahitomi

 

とは言いつつ。。。

私はテレビを見ないので今のところ動画も見ていないんです。

私が動画を見ることを忘れないようにここにも記させていただきました。

 

 

◆歴史ついでに「豊臣秀吉とバテレン追放令」

 

わがまま爺さんと見られがちな豊臣秀吉。実は日本を救った立役者で、日本人奴隷を禁止したリーダーです。

 

ダイジェスト動画をどうぞご覧ください。

 

 

 

 

◆小4・小5 100マスかけ算

 

ゴールデンウィーク中に1日2つのお薬(100マスかけ算2つ)を飲んでいた子は、驚くほどスピードがあがりました。2~3分記録を縮めた子もいます。全員が1分30秒を切るまでお薬を飲み続けましょうね!

 

 

 

◆中1・中2特別生対象 英語教科書マスター

 

期末テストに備えて英語の教科書を暗記する「教科書マスター」です。日頃の授業でテスト範囲が終わりそうにない子にだけ声をかけていました。頑張って進めてくれてありがとぉ~! まだまだ進み足りない分は「英国社」の授業の中でたくさん進めてください。

 

 

◆小学生の算数 と 中学生の数学

 

1学期は主に計算です。「計算に頭が良いとか悪いとかはない! 算数(数学)ができるとかできないとかも関係ない! トレーニングを積めば誰でもできる!ひらがなが書けるかどうかと同じ! 『できる』とは○がつくだけではダメ! 先生と同じスピードで全問正解することだ!」と子どもたちに繰り返し言ってトレーニングを積ませています。

 

トレーニングもただやらせるのではなく「時間制限の中でやらせる」「全問正解するまで全てやり直す」などハードルを上げて緊張感の中でやらせるように工夫しています。

 

 

◆「中3生徒対象 受験についての説明会」 作文もう1つ

 

作文の大テーマは【僕は・私は1学期にこれをする!】です。

 

 

《 人と話すために 》 ペンネーム:僕

 

私は一学期に○○実行委員会をとおし、人と話せるようになりたいです。というものの、おしゃれで可愛い女性の店員さんとかと特に話せません。圧倒的な光のオーラがありすぎてまともに直視できません。このままでは将来本気で日常生活に障害がでると思ったのと、ずっと楽しみにしていた映画の公開日であったたこともあり、(思い切って)立候補したら(立候補者は)一人しかいませんでした。前で話すときとか本当に心臓バクバクですけど精一杯務めます。

 

 

 

一学期というか三年の間に学年レクに参加できるようになりたいです。リレーなど特に勝ち負けのつくものではよく具合が悪くなってしまいます。参加したくないわけではないのですが、どうしても自分がなにかやらかしてしまったらなどと考えてしまいます。今 すぐにどうにかすることができないことは充分自分でも分かっているので、少しずつ友好の幅を広げるなどして人と積極的にコミュニケーションをとり、自信と笑顔をもって人と話せる人になりたいです。

◎ 2024.05.10 2024.05.10

◆ゴールデンウィーク中の宿題 その後

ゴールデンウィーク中に「英検」と「学校のワーク」5教科の宿題を出していると火曜日にお知らせしました。「完璧にできていなくても少しでも前向きにやってみることが大切です。」とも記しました。

 

 

結果は! 火曜日にメールが届いてから親御さんに言われて慌ててやり始めた子もいましたが。。。今年の子たち、頑張りました! すんばらすぃ~。 ワーク2周はできていなくても1周ぐらいやっていればよく頑張ったねぇと褒めています。英検は問題をたくさん解くのではなく、読めて訳せて説明できるようにしたと言っている子も多かったです(自己申告です)。

 

 

全くやっていない子も何人かいます。発破かけます。引き続き「英検と学校のワークをコツコツやる」という宿題を出しています。5月20日(月)の週は期末テストの1ヶ月前です。テスト対策も始まります。何とか英検の合格、そして期末テストで高得点を取ってほしいです。

 

 

◆「中3生徒対象 受験についての説明会」 作文1つ

《 普通が一番難しい 》

【ペンネーム:アンスポーツマン ライク フォール】 

先日、ほぼ初めての模試が返ってきた。結果はさんざんだった。英語からは見たことが無いような点数と偏差値がでたし、第一志望としていた学校は「E判定」だった。これを見て私はあせりにあせったし今もこの文章を書いていて不安で押しつぶされてしまいそうだ。

 

 

ただこんな自分でも少し変わったとこもある。 例えば「数学」。中一の三学期に受けた期末テストでひどすぎる○○点をとった。それが今回の模試では「67点」で偏差値も「59」まで伸びてきている。何だかやればできてきている気がする。実際数学は2年生になってから1から本気で勉強した。それでも○○点、○○点と点数がふるわなかった。でも確実に「できる」に近づいている。これが本当に楽しかった。何か一つを全力でガンバル。凄いかっこ良くて楽しいことなんだな。

 

 

それでも、それでも何だかモチベーションが上がらない。あともう一押し。。。そこで今日の受験説明会だった。おいちゃんの言ってた「幸せ」。昔はひねくれてた自分も、今はこの「幸せ」がわかるようになってきた気がする。「笑顔は人を幸せする最高の薬」の意味もわかってきた。僕は○○高校に行きたい。それで人の福祉に役立てたい。その為にも目の前の受験を必死でガンバリたい。それが一学期、そして今年の目標。

PS.部屋が死ぬほど汚いのでそうじします。

◎ 2024.05.07 2024.05.07

◆ゴールデンウィーク中の宿題

 

中学生にはいつもの授業の宿題の他に

1.英検の過去問を3回分やる。問題を解くよりも読めて訳せることに重点を置く。

2.期末テストに備えて「学校のワーク」5教科を、塾で習ったところまで2周やる。

チェック表に進み具合を毎日記入する。

 

以上2つ出していました。完璧にできていなくても少しでも前向きにやってみることが大切です。

どのぐらい進んだのか今日明日で確認します。

 

◆6月9日(日)は「大学進学相談会2024」@海浜幕張です。

高校生のためのイベントです。80大学の入試担当者がいらっしゃいます。

 

お兄さん、お姉さん。お知り合いの方もよろしかったらどうぞ!

事前登録が必要です。

 

本当は5月9日(木)正午から登録開始です。

 

◆「中3生徒対象 受験についての説明会」 報告

連休前4月27日(土)に「中3生徒対象 受験についての説明会」がありました。

先輩の受験生活の映像を見せながら3時間のイベントでした。

 

1.公立と私立の高校受験の仕組みと内申点について。

2.大学受験と高校。

3.いつまでに公立受験校・私立受験校を決めるのか。

4.先輩たちの受験生活 1年間を知る。

5.では今何をしなければならないのか。

6.受験って何のためにあるの? 勉強って必要なの?

7.自分の人生を生きるために本当に大切なことは何か。

8.作文「僕は・私は 1学期にこれをやる!」

 

結論としては

 

1.これから受験勉強なのだから今の偏差値を見て希望校を決めてはダメ!行ってみたい高校をまず目指せ!

 

2.今は検定や期末テストなど目の前のことを完璧にする。そのために宿題を作業ではなく自分の勉強として身につくまで繰り返す。宿題が完璧になっていないのに他のことに手をつけてはダメ!

 

以上です。

◎ 2024.04.26 20024.04.26

◆実力テスト 返却

 

4月の実力テスト結果が戻ってきました。今週23日(火)~昨日25日(木)に生徒たちに一言ずつ添えて手渡しています。全体的な傾向を記します。(目立った傾向ですので全員に当てはまるわけではありません。)

 

<小4・小5>

 

コロナ以降、だんだんと学力が低下しているように思えてなりません。計算・漢字・語彙が弱い生徒が多く目立ちます。「できない・遅い・知らない・ちゃんと書けない」が目立つのです。鍛えればできるはずなことが鍛えられていないです。学校での黙食やしゃべらないようにという如何ともし難いお約束も能力の低下に関係しているのではいかと心配しています。LAPISではとにかく鍛えます。

 

<小6>

 

多く見受けられたのは、算数の授業中はできているのに数ヶ月するとすっかり忘れていることです。22日(月)の算数特訓でも同じことを感じました。別の時間を使ってでもとにかく繰り返すしかないと思っています。

 

<中1>

 

3月から春にかけて生徒たち自身にはちょっときつかったでしょうけれど頑張ってもらいました。中1最初のテスト、それなりに結果を出してくれたと思います。小学生の時から来ている子たちも小5・小6の時から比べると偏差値10ぐらい伸びて頑張ってくれました。最近LAPISに来てくれた子たちには小学校での穴(学校レベルではなく応用レベル)を一生懸命に埋めているところです。この穴があると中学校ではなかなか上位になれません。今後さらに伸ばす、あるいは高い偏差値をキープさせるように楽しく鍛えていきます。学校の実力テストでも点がとれていますように。

 

<中2>

 

 思春期で気難しい中2なのに、よく頑張るなぁ~と感じています。1組の子たちの多くは高いレベルを維持しています。2組では、ちゃんとやらなきゃと目覚めて(中2で目覚めるのは早いほうです)めきめきと力を付けてきた子が複数人います。また最近LAPISに来てくれた子たちも頑張り屋さんが多く、何人かは短期間で偏差値を伸ばしました。今まで鍛えられていなかったんだなぁ~、もったいないなぁ~とは思っています。5月からクラス替えです。

 

<中3 そして「受験説明会」>

 

中2のときに「この子、勉強時間を取ってなくて大丈夫かなぁ~」と思っていた子の何人かが頑張り始めました。嬉しいです。「学校ではそこそこ順位を取っているけれど実力はどうかな?」という子が心配した通りだったのは残念です。実力を伸ばすためにやるべき宿題を真正面から取り組んでください。やって終わりの作業にしないでくださいね。

 

 

みんなそこそこの偏差値を取ってくるのですが飛び抜けた子がいません。この状況をどうやって飛躍的に伸ばすのかが今年の中3の課題です。今の偏差値で受験校を決めてはいけません。自分の行きたい高校の偏差値まで自分の実力を高めるのです。明日の「生徒対象 受験についての説明会」でも、実力の高め方がテーマになります。5月から新クラスです。

 

 

 

◆中3 火曜日の歴史の時間

 

火曜日6時20分~6時50分は「歴史」をやっていました。今まで「神話 古事記」「縄文の奇跡」「世界最古の国・日本」「聖徳太子」「伊勢神宮と法隆寺」「老舗大国・日本」の6回やってきました。しかし最近は日も延びて最終下校時刻が遅くなってきたために、6時20分スタートが難しい時間となってきましたので歴史は夏休みまでお休みします。その分6時20分~6時50分は英作テストをします。6時20分に間に合わせようと急がないでください。英作テストは授業後も別日にもできます。決して慌てずにしっかりご飯を食べて6時50分に間に合うように来てください。

◎ 2024.04.23 2024.04.23

◆中3で英検準2級/2級まで合格する。

英検3級合格は当たり前で、受験に有利になるわけではありません。逆に英検3級に合格していないと受験に不利です。準2級に合格して少し有利です。偏差値60以上の上位校では準2級は当たり前で2級に合格していると有利です。

 

英検準2級は高校1年生レベルです。3級とは語彙量が全く違います。準2級の英文を見ても知らない単語が多すぎてさっぱり意味が分かりません。だから3級に合格してすぐに準2級に合格するものではありません。半年以上の準備が必要です。

 

中3の2学期に英検準2級に合格するには、遅くとも中2の3学期までには3級(中3レベル)に合格していなければなりません。そして4級(中2レベル)には遅くとも中2の1学期、あるいは中1の3学期までには合格している必要があります。これが英検準2級に合格するぎりぎりラインです。

 

そうです。ぎりぎりです。中3の2学期に準2級を受けても合格するとは限りません。準2級に1回で合格する人は多くはないです。2回目では合格する確率も高まります。

 

ということは、中3の1学期に準2級を受験する。そのために中2の1学期か2学期までに3級に合格、中1の1学期か2学期までに4級に合格、小6の1学期か2学期までに絶対に5級に合格。こうすると少しだけ余裕が出ます。

 

では英検2級に合格するには?

おわかりですね。もっと早めなければなりません。中2の2学期(3学期)までに準2級。中1で3級。小学生のうちに3級や4級合格です。こうしておくと受験は非常に楽になります。

 

2級に合格、もしくは2級の合格しなくとも2級に挑戦していれば、県立高校の入試問題は勉強しなくてもほぼ満点です。偏差値60~65の私立高校の入試問題も勉強せずとも7~8割とれます。英語に勉強時間を取られずに他科目に勉強時間を割り振ることができるので合格しやすくなります。

 

子どもたちには小学生のうちに4級まで合格しなさい。できたら3級に合格!と口酸っぱく行っています。中学生にもできるだけ早く上の級に合格しなさいと言っています。

 

英検の勉強は

中学生には英語の宿題で出しています。1週間で1日15分(20分)×5日間。1日でまとめて75分(100分)やってもかまいません。多くの問題を解くよりも、声を出して英文を読み、声を出して訳すこと。すらすら言えるまで繰り返すこと。1日に1行、2行進むだけでも十分です。

 

小学生には、3級レベルの勉強をさせています。宿題を何の気なしにやるだけで力は付きます。補充するために過去問や英検オンライン講座をご活用ください。

◎ 2024.04.19 2024.04.19

◆県立高校ナビ

 

千葉県が公立高校の紹介ページを作りました。高校がいろいろと紹介されています。覗いてみてください。

https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/seisaku/highschool-navi/highschool-navi.html

 

 

◆奇跡のリンゴの木村秋則さん。前回の続きです。

 

温暖化の原因の1つは農業の化学薬品だそうです。オーガニック農業は大切ですね。

 

 

 

◆鎌ケ谷下町音楽祭 6月2日(日)

 

LAPISも所属する「すずらん通り商店会(鎌ケ谷駅横)」主催で音楽祭が行われます。お立ち寄りください。参加者もまだまだ募集中です。

 

https://www.instagram.com/kamagayashitamati_ongakumaturi/

 

https://www.kamap.jp/detail/468/news/instagram-28054.html

 

 

◆またまた 新中1「できるまで頑張る講座」の感想です。

<ペンネーム Me> 【絆】

 

「午前から午後まで?」

 

この講座を初めて見たときすごく驚いたし、たいへんそうだなぁ~と暗い印象だった。

 

暗い印象の中、始まった講座はやっばり大変だし最後までやり通せるか不安だった。しかし、プリントを進める中での時間はあっという間だった。そしてもうお昼の時間。

 

 

みんなで昼食を買いに行ったとき、少し仲が深まった気がした。そして一番深まったと感じるのがお楽しみ会だ! 王様ゲームでは、みんなの豊かな命令でもっと仲が深まった。その気持のまま最後までやり終えた。

 

この講座は大変だ。けれど、まだ少し緊張していた私にとって、みんなと仲を深められてすごく来てよかった!と思った。

◎ 2024.04.16 2024.04.16

◆オーガニック農産物の輸出量世界一は中国

 

安心安全で化学薬品のなるべく混ざらないオーガニック農産物の輸出量世界一は中国だそうです。中国はこれをここ10年で成し遂げたそうです。びっくりしました!

 

岡山の知り合いの方の叙勲祝賀会にお招きいただきました。そこに「奇跡のりんご」の木村秋則さんもいらっしゃいました。木村さんがおっしゃいました。「オーガニック農業の世界一は中国。10年前に中国に招かれ自然栽培を指導した。そのときの共産党の指導者が中国のオーガニック農業を世界一にする」と話されたそうです。そして実現させています。

 

木村さんの話は続きます。「日本の農業は技術力が高く、オーガニック農業をやろうと思えば世界一にできる。安心安全な食料作りを本気で進めることをみなさんも考えてください」

 

反面「農業では高い収入を得られず、若者を中心に離農する方が多い」そうです。鎌ケ谷の梨も作る方がどんどん減っています。私たち消費者が食の安全を重視しないと日本の農業と日本人の健康被害はたいへんなことになりそうです。

 

安心安全な食品のために、そして生産者が豊かになるために自分にできることをやろうと考えさせられた大阪出張でした。

 

◆再び 新中1「できるまで頑張る講座」の感想です。

 

私が、この「できるまで頑張るコーザ」で‎思ったことは、まず思ったより勉強できたなと思いました。何回も まちがえたりしたけど、ふつうに、先生の説明めっちゃわかりやすくて、いつもより理解するのが早かったと思います。二枚目の割合が全然できなかったけど 、何回もまちがえたから答え自体を覚えるようになりました。

 

食事でお楽しみ会がとても楽しかったです。食事を買いに行った時、ラピスの中に昔同じダンスやっている子と話せてとてもうれしかったです。四~五年ぶりに会って話しました。

 

お楽しみ会では、皆で遊ぶ事ができてとても楽しかったです。黒歴史をここで言うのは「まじか・・・」って思いました。まぁ、とりあえず楽しかったです。

 

 

◎ 2024.04.12 2024.04.12

◆学校のクラス替え

 

ほぼ全ての学校で毎年クラス替えがあるのですね。かつては2年ごとでした。中学生は2年で新クラスになると卒業まで同じメンバーです

 

 

ゆっくり学級を作り上げていくための2年間だと思っていました。1年でクラス替えならば「どうせ1年だから。。。」「1年後にはクラス替えがあるからそれまで我慢。」そんな考え方をしてしまう人(先生や生徒)が出てくるかもしれません。

 

どうやって問題解決するかを大人が態度で示すのが教育だと思うんだけどなぁ~。。。これは理想論過ぎるのかもしれませんね。

 

 

理想に近づくための解決策は、鎌ケ谷市の限られた予算を教育にたくさん振り分けること。そのお金で市独自採用の教員数を今の1.5倍~2倍に増やしていろんな問題に対処できる人を増やすこと。

 

 

そして僕ら市民ができることは、そんな教育政策を掲げる市議や市長を出すこと。国をいきなり動かすのは難しいですが市町村は首長がやろうとすればすぐにできます。これが一番手っ取り早い方法だと思います。

 

でも。。。最近はクラス替えを望む生徒も保護者の方も多いのかもしれません。時代の流れなのかなぁ。いかがでしょうか?

私はこうしてLAPISで伸ばしました!POINTはスタイルとリズム!

▼LAPISから一言!〜小学生からが勝負の分かれ目!

LAPISには最初から成績の良い生徒だけが来ているわけではありません。学年10位以内なんて全く考えていなかったのに、コツコツ積み上げたら10位以内に入っちゃったぁ!という生徒がた~くさんいるのです。入校テストはありますが、小学生〜中1の1学期までは「2学年前のことが難しい生徒」以外はどんな成績の生徒も受け容れています。その子たちが努力してくれて、ほぼ全員が学年半分以上に入ってくれ、多くの生徒が学年3分の1以内に入ってくれるのです。小学生や中学1年の早い時期からLAPISに入ってくれた生徒を伸ばし、上位にさせることがLAPISの役割です。

ご注意:LAPISの各クラスには定員がございます。すでに定員に達しているクラス(学年)の場合はご入塾できませんので、あらかじめご了承くださいませ。